HUF FALL 2018 LOOKBOOK

FALL 2018は、”LAST RESORT”をテーマの元、極東の地、東京に焦点を当てたコレクションを発表。”旅で大切なのは目的地ではなく、その行程そのものが重要である”というパイオニア精神を維持しつつ、海外の普段見慣れない景色や、路地裏で聞こえてくるオフビートから感じるカウンターカルチャースピリットを表現している。

日本の伝統的なインディゴ染めに、レッド、カーキ、トロピカルグリーンなどといった日本の古寺や、陽の光を浴びたビーチの色などを合わせることにより、霞んだ都市の夜景にシュールに輝くカラフルなネオンサインと、落ち着いたカラーバレットと融合させたような、互いを引き立たせる配色となっている。

ヴィンテージのツアリストティーやスーヴェニアグッズ、エギゾチックなサインや広告、廃れかけたピープショー、裏路地のバーなどといったHUFらしいソースにインスピレーションを受けたダイナミックなグラフィックを、スクリーンプリントのみならずパフプリントや高密度インク、同色ジェルプリントなどといった様々な手法を使い、旅の儚い思い出を綴るかのように落とし込んでいる。

カモフラージュや総柄をモダンなシルエットにモディファイしたミリタリーやワークウエアに落とし込んだり、HUFのアヴァンギャルドなタイダイ染めに日本の伝統工芸である絞り染めを取り入れたりしている。そして高品質な刺繍やアップリケをプレミアムな生地に型にはまらないプレイスメントで施すことにより、予想できないひねりが加わった相互作用の効いたミックスを生み出した。

HUFの革新的なヴィジョンから誕生した”THE LAST RESORT”コレクションは、幻滅からのサイケデリックな逃避を表現しており、それはタイムリーであり、またタイムレスでもある比類のないコレクションである。