HUF SUMMER 2019 LOOKBOOK

SUMMER 2019は、スケートボードやサーフといったサブカルチャーの聖地であり、HUFのHQがある南カリフォルニアをテーマとする新コレクション「Semi-Tropic」をリリース。

カリフォルニア独自の様々な景色を彷彿させるカラーパレットは、波立ったハーバーブルー、暖かい陽に照らされた砂のようなサンドカラー、ヤシの木のグリーン、日が暮れる寂しさを絶妙に表現したサンセットフューシャなど、ダウンタウンロサンゼルスのガタついたコンクリートの壁のようなボーングレーに映える配色となっている。

革新的な刺繍、パッチワーク、テーピング、パフプリント、UVインクなどといった様々な手法を用いて、エアブラシペイントを多用した土産品や、田舎の古看板、ヴィンテージの植物のイラストや、南カリフォルニアを ‘garden of the world’と表現し、ペンキで書かれた不動産屋の古広告などといったどこか懐かしく、ノスタルジックな世界観を表現。

フローラルプリント、大胆なカラーブロック、DIY風のサイケデリックなタイダイ柄、クラシックなストライプ、色鮮やかなセラーぺ柄など、アヴァンギャルドな生地に個性豊かなパターンが生き生きと散りばめられている。通気性に優れたシアサッカーとポプリン生地、軽量ナイロンを使用したパッカブルジャケット、丈夫なデニムやガーメントダイを施したあや織生地などを使用し、今シーズンのカットソー、ハット、アクセサリーはクールでカジュアルなカリフォルニアの風を届ける。

HUFの前衛的なヴィジョンから誕生した「Semi-Tropic」コレクションは、 レトロな南カリフォルニアスタイルにモダンなスパイスを加えることにより、伝統と現代のスピリットを融合させたカリフォルニア・コーストを伝え続けている。