20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #12

CLEON Nicolas
#12
CLEON PETERSON
Artist & HUF Collaborator

クレヨン・ピーターソンの独創的なビジュアル・スタイルは印象的で、見る者をすぐに魅了します。これまでにHUFと複数のコラボレーションを展開しており、キースとの繋がりは90年代初頭にニューヨークで一緒に360フリップを練習していた時代まで遡る。

最近、何かに影響を受けましたか?

常に世界中で何が起こっているのかを意識するようにしているけど、特に影響を受けるのは、怒りの感情が芽生えるようなことが多いね。ある種の感情的な反応を引き起こして、何かに取り組まなければいけないと感じたりするんだ。でも、もし質問の内容が最近気に入っている本とか、そういう話で言えば、今俺はウイリアム・ブレイクの本を読んでいるところだよ。彼はとてもスピリチュアルな人で、産業革命で変わりつつあった世界で貧しい暮らしをしていたんだ。だから彼は、カオスな環境に囲まれていたけど、世界に自分を定義されるのではなく、内面を見つめ直し、スピリチュアルな感覚を見出し、それをアートに落とし込んだんだ。

現代に響く感じですね。

そうだね。政治的なことやソーシャルメディアだけでなく、この奇妙な実存的危機感もそうなんだ。今俺たちが住んでいる世界は、たくさんの不安を生み出す世界なんだ。

子供の頃からどの様なサブカルチャーに惹かれていったのですか?

小さい頃からアートに夢中だったね。ミュージアムとかに行くと、なぜかアートへのつながりを感じたりしていたんだ。あと音楽も好きだったよ。

どんな音楽に興味があったのですか?

アートの世界で歳上の人達と連んでいる時に出会った音楽が多いね。Velvet UndergroundやTalking Heads、あとはLaurie Andersonや、Tom Waitsみたいな奇妙なものを教えてもらったよ。

それらのミュージシャンを聞くと、アーティストがスタジオに置いてあるカセットテープを思い出しますね。

そう、そんな感じだったね。俺はシアトルで育ったんだけど、シアトルにはたくさんの音楽とレコード屋があったんだ。それからBMXとスケートボードにハマっていき、徐々にスケートボードにのめり込んでいったんだ。

スケボーに関してですが、あなたにとって思い出に残っている時代はいつ頃ですか?

90年代後半かな。スケートボードは俺にとってとてもいいことだったんだ。家族と関わりたく無いと思った時期があったんだけど、スケボーは自分だけの世界だったからね。90年代のスケボーは、基本的に異常だったしね(笑)。

スケートボードとの出会いは、秘密クラブに入会する様な感じですね。

ある意味ギャングに入るようなものだったね。トラブルメーカーの仲間を持つような感じでね。みんなは俺たちのことをAve Ratsって呼んでいたよ。いつもたむろして、ストリートをクルーズする輩みたいなものだったね。いつも警察に追われていたよ。みんな親は離婚していて、みんな俺たちを避けていて、世間から追放された様な感じだったんだ(笑)。

スケーターであることで、何か大きな教訓を学びましたか?

自分たちのカルチャーを定義していたんだと思うよ。スケート業界出身のアーティストやミュージシャン、フィルムメーカーなどが成功しているのを見るとクレイジーだなと思うよ。でも、彼らの活動を見てみると、みんな自分で行動しているんだ。誰からも指示されることなくね。みんな自発的な人たちなんだ。

その通りですね。

次から次へと転々として、好きなことを見つけられないでいる人たちを見るとかわいそうだなと思うよ。

スケートボードは、良い意味で排他的ですね。

ちょうど俺が再び学校に通いだした頃に、ナイキがスケートシューズ市場に参入するために卒業生たちを面接していて、俺のところにも話がきたんだ。当時俺はTum Yetoでクリエイティブデイレクターをしていて、ボードのデザインをしていたんだけど、「ナイキがこのビジネスに参入するのは無理だよ。だってスケーター達はオーセンティックさをもとめているんだから」って言ってやったんだ(笑)。

キースには、子供の頃にニューヨークで出会ったという話を読んだのですが、なぜニューヨークにいたのですか?

兄貴と母親と一緒に行ったんだと思う。当時よく美術館を見に行っていたから、その時かな。あの時は、キースとキーナン・ミルトンとリンクして、色々なスポットへ連れて行ってくれたんだ。

ニューヨークの印象はどうでしたか?

クレイジーで、たくさんのスケートスポットがあったね。あちこちに警備員がいるから、常に逃げ回らなければいけなかったんだ。スポットを滑って、また次のスポットに移動して、その繰り返し。あと覚えているのは、ラジオをつけると、ニューヨークには1000局ものラジオ局があって驚いたよ。

ブランドとしてのHUFとの初めての出会いはどの様なものでしたか?

よく覚えてないけど、キースが物作りしていることは知っていたよ。キースはスケートボードのルーツとその裏にある本当のエネルギーを表現しようとしていたんだけど、とてもサンフランシスコっぽさを感じたね。

キースとの繋がり以外に、何に惹かれたのですか?

今のHUFの好きなところは、オールド・スクールを感じられるブランドだってことだね。カルチャーに精通したアーティストとプロジェクトをやったりね、わかるでしょ?

キースとハングアウトするのはどんな感じでしたか?


キースはうちからすぐ近くに住んでいて、彼が逝くまでずっとハングアウトしていたよ。キースは常にポジティブで、いつも誰かを繋げていたね。そしてキースはとても良い父親だったよ。いつも子供達との時間を大切にしていた。彼にとってとても重要なことだったんだ。

どんなことを話していたのですか?

一緒に座って、人生で出会った面白い人達の話をしていたよ(笑)。時にはアートの話や、人生の話をしたりもしたね。キースとだけではなく、彼の周りには常に家族も一緒にいたからね。

HUFが20周年を迎えたということは、あなたにとってどの様な意味がありますか?

良いものは生き残るっていう証だね。

Cleon Peterson possesses a striking and wholly original visual style, immediately captivating to the eye. A frequent collaborator with HUF, his connection with Keith dates back to New York City in the early 90s, when the two were young skate rats practicing their 360 flips.

What’s inspiring you these days?

I try to be aware of what's going on in the world and usually the things that inspire me are the things that get me angry. Something that elicits some kind of emotional response, where I feel like I have to address something. But, if you're talking about what I like in terms of books and stuff, right now I'm reading a book about William Blake. He was a very spiritual guy, living in poverty in a world that was changing with the Industrial Revolution. So he was surrounded by chaos but instead of letting the world define him, he turned inward and tried to find some sense of spirituality and made art about that.

It sounds resonant with our modern times.

Yeah. And it's not just politics and social media, it’s also just this weird sense of existential crisis. It’s a very anxiety producing world that we're in right now.

What subcultures were you drawn to as a kid and in what order?

I’ve been into art since I was little. For some reason when I went to the museums, I felt a connection to art. I was into music as well.

What kind?

A lot of my music came from hanging out with older people in the art world. I was introduced to Velvet Underground and Talking Heads and weird stuff like Laurie Anderson and Tom Waits.

Those musicians make me think of cassette tapes that artists have in their studios.

Yeah, it's all always been about that. I grew up in Seattle and there's a lot of music and record stores there. Then I got in into BMXing and skateboarding, until it moved more into skateboarding for me.

With regards to skating, what was your defining era?

It was in the early-90s, I guess. Skateboarding was such a good thing for me because there was a time in my life where I didn't want anything to do with my family and skateboarding was my own unique world. Skating in the 90s was about deviance, basically [laughs].

Discovering skating was like joining a secret club.

It was also like joining a gang or something. You have your little posse of troublemakers. We were called the Ave Rats. We were like these little scumbags that hung out all the time and cruised the streets. The police were always chasing us everywhere. People didn't want us around. We all came from divorced homes. It was like we were exiled from the world [laughs].

What larger life lessons do you think you took away from being a skater?

I think that we were defining our own culture. It’s crazy to see the amount of productive people that came out of skateboarding, like all the artists and musicians and filmmakers. But then, think of the activity. You’re doing it by yourself—nobody’s telling you to do it. You’re a self-initiating person. A doer.

Completely.

I feel bad for these people that just go from one thing to another and can never find something that they love to do.

Skating also does a really good job of staying insular, in a positive way.

It’s funny, when I went back to school, Nike was interviewing graduates because they were gonna get into the skate shoe market and they came and talked to me. I had been the creative director of Tum Yeto and had been designing boards, and I was like, ‘There's no way you guys are gonna break into this business, cause skaters want authenticity [laughs].

I read you first met Keith in New York when you were a kid. Why were you in NYC?

I think I was there with my brother and my mom. We used to go there to check out museums, so it might've been that. I hooked up with Keith and Keenan Milton at that time. They took me around to spots.

What was your impression of New York City?

It was crazy and there was some really sick stuff to skate. You had to be on the run all the time because there’s security everywhere. You would hit a spot and then go to the next spot and then go to the next spot. The other thing I remember was when you turned the radio on there were a thousand radio stations in New York.

What was your first encounter with HUF as a brand?

I don't know. I guess I just knew that Keith was making stuff. And it felt very SF, like Keith was expressing the roots of skateboarding and the real energy behind it.

In addition to your connection with Keith, what else drew you to them?

What I like about now is that they’re more of an old school brand. They’re doing projects with artists that are about the culture, you know?

What was it like hanging out with Keith?

He lived right down the street for me, and we hung out until he died, basically. He was such a positive dude and a connector. Keith was also a really good parent. He always spent time with his kids. It was important to him.

What kind of stuff would you talk about?

We'd sit down and talk about funny people in our lives [laughs]. Sometimes we'd talk about art or general life stuff. It was not only Keith, because he always had his whole family around him.

What does it mean to you that HUF has reached 20 years?

It’s a testament that the good stuff survived.


Continue reading

RIZZO FOR HUF

RIZZO FOR HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

SUMMER 24 PREVIEW

SUMMER 24 PREVIEW