20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #13

20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #13#13
SHEPARD FAIREY
Founder of Obey Giant.

我々の世代で最も認知度の高いアーティストの一人であるシェパード・フェアリーは、かつてはイースト・コーストでキースとミニランプを滑る仲間から、後にはお互いのブランドHUFとOBEYでコラボレーションするほどの親密な関係性であった。


キースとはどの様にして出逢いましたか?

キースとは1994年か1995年くらいにロードアイランドのプロビデンスで出逢いました。当時、キースはRISDの卒業生とカジュアルに付き合っていて、その娘がたまに俺のスタジオを手伝ってくれていたんだ。ある日、彼女がキースを連れてきて、一緒にミニランプを滑ったりしてハングアウトしたんだ。キースはとても多才なスケーターで、様々な地形をスタイルとパワーで乗りこなしていたね。彼は俺より少し若かったけど、スケートボード界では充分な経験を積んでいて尊敬される存在だった。彼は当時ニューヨークとサンフランシスコに住んでいたので、西海岸に住んだ事がなかった俺は、サンフランシスコについて色々と質問をしていたんだ。

当時あなたはどの様な生活をしていましたか?

ボヘミアン・アーティスト、スケートボーダー、むさ苦しい生活をしてたよ。数人のスケーター仲間と小さなスクリーンプリントのスタジオを経営していて、ほとんどの時間をスポーツチームやレストランの低賃金プリントの仕事に費やし、余った時間は自分のクリエイティブなプロジェクトに充てていました。スタジオにスケートランプがあったので、友人たちが立ち寄ってはセッションに明け暮れる毎日だったね。ビジネス的には何をやっているのかよく理解していなかったけど、スケートショップやブティック用にTシャツのデザインなどをして、ストリートブランドの真似事のようなことをしていました。

どこで育って、当時のスケートシーンはどんな感じでしたか?

サウスカロライナ州のチャールストンという場所で育ったんだけど、スケートシーンはとても小さかった。この街が出身で唯一の優れたスケートボーダーが、ブレイズ・ブルーアンでした。幸運にも、ブレイズはバートランプを持っていて、典型的なストリートスポットの他にも、スケートできるバンクスやステップのある巨大な廃墟の市民プールも近くにあったんだ。俺達は、アウトサイダーで、シーンとして存在する為には戦わなければならなかったから、スケートボーダーやパンクロッカーたちとの絆をより強く感じたんだ。スケートボードが俺にDIYの精神と創造力を教えてくれたんだ。スケートボードが風景をクリエイティブに使う方法を教えてくれて、それが後にストリートアーティストとしての自分に繋がって行ったんだ。

サンフランシスコに引っ越した当初の思い出などありますか?

初めてサンフランシスコに行ったのは1987年で、『Thrasher』や『Transworld Skateboarding』でみたスポットくらいしか知らなかったんだ。両親と一緒に滞在していたところからヘイトストリートの上までスケートして、Skate on Haightに立ち寄ったんだ。そしたら偶然その日にJulian Stranger(ジュリアン・ストレンジャー)がお店で働いていて、「The Dishに行くと、持ち物全部盗まれるから、Embacaderoに行ったほうがいいよ」と教えてくれたんだ。エンバカデロに着くと、たくさんの人が滑っていたんだけど、その中でも特に目立っていたのが、Mike Archimedes(マイク・アルキメデス)と、Phil Chen(フィル・チェン)で、当時のストリートスケートとしてとても高度なテクニックを持っているのに、控えめで、いくつか参考になるよいうなアドバイスもくれたんだ。特にアルキメデスは今まで見た誰よりもスラッピーが上手かったね。そしてアートスクールを卒業してからは、暇さえあればサンフランシスコに戻るようになっていた。当時、TwistGreyといった好きなグラフィティ・アーティスト達がストリートで大活躍していたので、彼らの作品を直接見れることがとても刺激になっていたんだ。1996年には、子供の頃からのヒーローだったTommy Guerreroと知り合い、「いつでもここのロフトに泊まっていいし、DELUXEのウエアハウスも勝手に使っていいよ」と言ってもらえたので、サンフランシスコへ引っ越したいと思えるくらいサンフランシスコのコミュニティに慣れてきていたんだ。

HUFブランドとはどの様な出会いでしたか?

初めてHUFのお店に行った時は、HUFのオリジナル商品以外にも他のブランドを取り扱いしていた時代で、HUFの商品はデザイン性が強いと感じていたのを覚えているよ。洋服のラインを立ち上げるのがどれほど難しいか理解していたので、自分より確立されたブランドの商品とHUFの商品を一緒に並べて、売り上げを作ることは賢いと感じていた。直感なのか、知的なのか、どちらにせよキースは戦略的に抜け目がないと思うよ。

OBEY X HUFコラボレーションで特にお気に入りなどありますか?

HUFのトライアングル・ロゴは良いよね。OBEYのロゴの中にも三角形で構成されているものがあるので、HUFの三角形とOBEYを融合させることで、面白いデザインができると考えていたんだ。三角形は、エジプトのピラミッドや、ドル札にも印刷されているピラミッド、そして3つの等しい辺が魅力的だと思う。俺自身が単純に数字の3や、トリプティック・アートが大好きということもあり、このコラボレーションで一番楽しみにしていたのは、ネズミのイラストレーションを描いたことかな。自分のスタイルなんだけど、HこれまでのHUFのグラフィックともマッチしていたからね。あとは、The SpecialsBob Marleyを参考にして”Rat Race”をできたのも良かったね。個人的にはアートに幾つかのレイヤーやストーリー性などがあるのが好きで、このコラボレーションはまさにそれが実現できたからね。

OBEYHUFはとても長生きしているブランドですが、その理由はなんだと思いますか?

キース本人がこの質問に答えてくれたら良かったのですが、我々二人はお互いに関連しながらも、幅広いカルチャーにおいて道標となり得る様々な影響力を持っています。我々が築き上げてきたコミュニティーは、人々が「既に知っていること」を指し示すようなアンダーグラウンドなニュアンスを備えていますが、特定のニッチなカルチャーの考えを排除したり、選ばれたものだけに向けたものではありません。
20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #13One of the most widely recognized artists of our time, Shepard Fairey went from skating mini-ramps with Keith on the East Coast to working on collaborations between HUF and OBEY.

How did you meet Keith?

I met Keith in 1994 or 1995 in Providence, Rhode Island. He was casually dating a fellow RISD grad who sometimes helped out at my studio, and she brought him by to hang out and skate the mini-ramp. Keith was a very versatile skateboarder, who could approach a range of terrain with style and power. Even though he was a bit younger than me, he was already well-traveled and respected in the skateboard world. Because he lived between New York and San Francisco, I had a lot of questions about San Francisco, having never lived on the West Coast.

What was your life like back then?

Bohemian artist, skateboard, squalor. I was running a small screen print studio with a few skater friends and we spent most of our time doing low-paying print jobs for sports teams and restaurants, with extra time reserved for my own creative projects. Because I had a skateboard ramp in the studio, a lot of my days were disrupted by sessions, when friends stopped by. I didn't know what I was doing business-wise, but I was selling some of my t-shirt designs to skate shops and boutiques—to be some sort of streetwear brand, I guess.

Where did you grow up and what was the skate scene like then?

I grew up in Charleston, South Carolina, and the skate scene was very small. The only good skateboarder from there was Blaize Blouin. Luckily, Blaize had a vert ramp, and there was a huge abandoned city pool with skateable banks and steps, as well as your typical street spots. I felt a stronger bond with people in skateboarding and punk rock because we were such outsiders and had to fight to exist as a scene. If anything, skateboarding taught me about DIY resourcefulness and creativity. Skateboarding taught me about the creative use of the landscape, which translated into what I would later do as a street artist.

What are your early memories of coming out to San Francisco?

The first time I went to San Francisco was in 1987, and I only knew of the spots I had seen in Thrasher and Transworld Skateboarding. I skateboarded from where I was staying with my parents to the top of Haight Street and went by Skates on Haight, which was lame, so I made the short trek over to Concrete Jungle. Coincidentally, Julien Stranger was the shop employee that day and told me not to go to The Dish, because all my stuff would get stolen, but to go to Embarcadero instead. When I went to the Embarcadero, there were tons of people skating, but the ones that stood out to me were Mike Archimedes and Phil Chen, who were both very technically advanced for that era of street skating, but were humble and showed me a couple of helpful things. Especially Archimedes, who was better at slappies than anyone I had ever seen. Once I graduated from art school, I started going back to San Francisco when I could. At the time, some of my favorite graffiti artists like Twist and Grey were very active on the streets, so it was inspiring to see their work firsthand. In '96, I became friends with Tommy Guerrero, a childhood hero of mine, who told me that I could crash at this loft anytime and raid the Deluxe warehouse, so I felt pretty dialed in San Francisco, to the point that I wanted to move there.

What was your first introduction to the HUF brand?

I remember going into the first store when HUF was doing some of their own stuff, but selling other brands too, and thinking that the HUF designs were really strong. Knowing how hard it is to get a clothing line going, I thought Keith was smart to weave the line in with a business around more established brands, that could help pay the bills. I think that Keith was shrewd strategically, whether it was instinct or intellect.

What was your specific favorite part about the OBEY x HUF collaboration?

I love the HUF triangle logo. Because of some of the OBEY logo configurations I've done over the years that also work in a triangle format, I knew I could find a fun solution for OBEY merging with the HUF triangle. I guess triangles appeal because of the Egyptian pyramids, the pyramid in the dollar bill, and the appeal of three equal sides. I have long been a fan of the number three in general, and tryptic art pieces, but hey, that's just me. The part of the collab that I was actually most excited about though, is doing a rat illustration that worked as something in my style but also a tribute to some of the rat graphics HUF made. I also liked the opportunity to reference The Specials and Bob Marley with some "rat race" type. I like it when art has several layers and points of access, and this collab had that in spades.

OBEY and HUF has had some incredible longevity. What do you attribute that to?

I wish Keith were here to speak for himself, but we both have diverse influences that all relate to each other, but provide a wide array of cultural beacons. The community we've built has a degree of underground nods that suggest the audience is "in the know," but none of it is intended to exclude certain cultural niches to make one point of view exclusive or elite.

 

Continue reading

JAIME MUÑOZ FOR HUF

JAIME MUÑOZ FOR HUF

JAPAN TOUR MELTDOWN VIDEO

JAPAN TOUR MELTDOWN VIDEO

HUF WORLDWIDE PRESENTS JAPAN MELTDOWN

HUF WORLDWIDE PRESENTS JAPAN MELTDOWN

SPRING 24 PREVIEW

SPRING 24 PREVIEW