20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #16

20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #16#16
ERIC HAZE
Artist & HUF Collaborator


グラフィティ、ヒップホップ、そしてポップカルチャーの定義づけに貢献したNYCオリジナルアーティスト、エリック・ヘイズの影響力は、どんな媒体、作品、プロジェクトよりも大きい。世界で最も認知されているハンド・スタイルと、あらゆるプラットフォームにクリエイティブなビジョンをもたらす能力を持つヘイズのアートは、常に進化し続け、インスピレーションを与え続けている。

「書くことというのはジャズのようなものだ。学ぶことはできるが、教わることはできない」という言葉を読んだことがあり、スケートボードやグラフィティにも共通することがあると思うのですが、あなたはどう思いますか?

バスケットボールや他の様々なスポーツと同じように、それらはスポーツであり、我々にアイデンティティを与えてくれたもであるが、同時に自分が育った環境や境遇から抜け出すための選択肢の一つでもある。グラフィティとスケートボードの共通点の一つは、色の境界線がないということなんだ。最終的には、自分のスタイルと自分のハートでジャッジされる。君は最高のスケーターではないかもしれないが、自分の足で着地できるまで顔面から着地しても何度でもチャレンジし続けられる人なんだ。それが仲間たちからのリスペクトになるんだよ。グラフィティも同じ。俺の口癖は、誰もが最初はおもちゃのようなもので、誰だって最初は大したことないんだ。でも「スタイルは教わることができない」という部分には同意できないところがあり、アートは教わることはできないかもしれないし、キャラクターは注入できないかもしれない。そして自分自身にも言えることだけど、最終的にはそれがゼロ地点なんだ。まず最初はスタイルを確立させること。グラフィティは、スケートボードやアート全般(作家、ミュージシャン、その他諸々)と同じで、練習が完成形を作り出す。ウイニングショットを決めるのは、生涯ジムの端っこで1人で15000回シュート練習しているヤツなんだよ。だから俺は、卓越性(他より優れていること)は教わることができない、ということは同意できないけど、卓越性への欲求は教わることができないのだと思う。

どのようにしてキースに出会い、HUFに関わり始めたのですか?

とても自然な流れだったよ。キースとは俺がニューヨークに戻った時に、なんとなくお互いのことは知っていたんだ。共通の友達や歴史は確かにたくさんあったけど、正直最初どうやってしっかり繋がったのかは思い出せないんだ。ただ、先ほどの質問で話していたように、一人のグラフィティ・アーティストと一人のスケーターとして、ニューヨークという同じ惑星からやってきたということを理解しているという点で、深くて強い繋がりがあったことだけは覚えているよ。俺達はクリエイティブな面でもカルチャー的な面でも違った選択をしてきたけど、スケーターとして、そしてグラフィティ・アーティストとしての信頼性やレガシーが、アパレルビジネスの市場やカルチャーにおいて、オーセンティックとして受け入れてもらえたんだ。ストリートで築き上げたアイデンティティを、店頭でのアイデンティティに置き換えることが俺達はできたんだ。ある意味アイコノクラスト(聖像破壊主義者)だったんだ。

HUF とのプロジェクトはどのようにして実現されたのですか?

それぞれのプロジェクト毎に進めていった感じだね。俺のブランドHazeにとって、ニューヨークレベル、そしてインディーズ的な観点から見ても、HUFと一緒に仕事をすることほどオーガニックにフィットするものはなかったんだ。俺もZoo Yorkと一緒にニューヨークのオリジナルスケートクルーの一員だったし、1976年には、トニー・アルヴァとスケートしながらニューヨークを案内したけど、同時に俺はそのシーンで実際に活躍してきた人達をリスペクトしていたんだ。アパレルブランドとして、俺は決してファンクを装ってスケートボードのオーディエンスを得ようとはしなかった。むしろ、スケートボードを真に代表する人たちと一緒に協力して、その人たちのカルチャーとの確かな関係性に自分の手を加えることで貢献できた方が、心地良くて、理に適っていると思うんだ。

HUFと仕事をすることが、あなた自身とあなたのブランドにとってフィットしていると判断したのは、HUFに対して最初どんな印象を持っていたからなのですか?

初めて一緒に仕事をする前にキースがニューヨークを離れて、サンフランシスコでお店をオープンし、新しいプラットフォームを創っているのを見ていて、どこか気が合う感覚があったんだ。同じように、俺自身もニューヨークを離れLAに店を構えて、ウエスト・コーストで自分のプラットフォームを創り上げたんだ。俺達はニューヨークのストリートキッズ上がりで、カリフォルニアでブランドを立ち上げた。だからHUFがピッタリだと理解するのにそんなに考える必要もなかったね。自分のキャリア的に誰かがコラボレーションやデザインを求めて連絡をとるということは、彼らは俺のスタイルを理解したうえで、それを求めているからだと思っている。キースは俺に正しいディレクションを示してくれたうえで、何より俺がやりたいようにさせてくれて、それを基に調整したりアップデートさせるんだ。長年に渡りHUFと一緒にやってきたことは、一緒に世界に火をつけてその灰が燃え尽きるのを待つみたいな感じだね。

では逆に、あなたが手掛けるファイン・アートは、どのような空白を埋めるものなのですか?

まだLAにいた90年代に再び絵を描き始めたんだ。2004年にニューヨークに戻った時に「うわぁ、またシーンが盛り上がってきているし、俺も何かやりたいな」と考えていたんだ。だけどそれが何なのか、どうやったら俺もそのシーンに溶け込めるかわからない状態で、何なのかを見つけるのはチャレンジになるとは分かっていたけど、とりあえず再びブラシを手に取り、真っ白なキャンバスに向き合ったんだ。そしてその時に、全ての仕事でできる限り絵を取り入れようと決めたんだ。そうすればお金をもらい仕事をしながら、自分のスキルを磨くことができるからね。俺の中で「スタイルの経済性」と名付けたものを見つけ出して、いつでも、どこでも、ブラシ1本と1色のペイントを持って現れ、自分にとってオーガニックな方法で魔法をかけることができるスタイルを確立することに注力したんだ。そしてHUFとキースの話に繋がっていくんだ。俺は自分のビジネスを経営していく中で、自分のビジネスやアイデンティティを持つことは素晴らしい事と早くから理解していたけど、自分の島を持つということは、時に孤独でもあるんだ。キースはそれを理解していたと思う。キースとのコラボレーションであれ、HazeHUFのブランド間のコラボレーションであれ、それら全ては「俺がこれを作ったんだ、どうぞ」というようなファイン・アートのモデルとは対照的に、一緒に取り組みたいという欲求を共有してそれを満たすものなんだ。ペインティングとコラボレーションの道は、俺自身を新しくエキサイティングで、思いがけない場所へと導いてくれたんだ。真っ白なページを見つめていたところから、今ではアイデアが溢れているよ。20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #16
An NYC original whose artistic imprint helped define graffiti, hip-hop, and pop culture, Eric Haze’s influence is larger than any medium, work, or project. With one of the world’s most recognizable hand styles and an ability to bring his creative vision to any platform, Haze’s art continues to evolve and inspire.

I found a quote that relates to skating and graffiti to me. "Writing is like jazz, it can be learned but it can't be taught." What do you think of that one?

Similarly to basketball and different, they're sports, they're things that give us identity growing up but they're also a tool of choice and way out of the neighborhood or your circumstances as it were. One of the parallels between graffiti, and skateboarding is the lack of color lines. Ultimately you are judged by primarily two things: your style and your heart. You might not be the best skater, but you know, you're the kid who's down to keep landing on your face, till you land on your feet. That gains the respect of your peers. Same with graffiti. My stock phrase is that everybody starts out as a toy, and everybody starts out as a scrub. But I sort of disagree that style can't be taught. Maybe art can't be taught, character can't be injected, but ultimately—and it's certainly true for myself—that's ground zero. Square one is trying to develop a style. Graffiti, like skateboarding and probably art in general—writer, musician, what have you—practice does make perfect. The guy who shoots the winning shot is the guy who's been in the gym his whole life standing in the corner alone, shooting that shot 5000 times a day. So, I disagree that, that sort of excellence can't be taught. The desire for excellence can't be taught.

How'd you end up meeting Keith and becoming involved with HUF?

It happened very organically. Keith and I sort of knew each other when I moved back to New York. We certainly had a lot of friends and history in common. To be honest, I can't remember what our first sort of strong connection was built on, I just know that we did have a profoundly strong connection, really, sort of, in the way you first described earlier— that we understood as a graffiti artist and as a skater that, that we came from the same planet in New York. We had made different choices creatively or culturally, but in a very almost obvious way, our credibility and our legacy as skaters and graffiti artists gave us a certain cachet that allowed us to be understood authentically in the culture and the markets we entered in the clothing business. Both of us were able to parlay our identity from the streets into an identity, in the storefront. We were both iconoclasts, in a way.

How do the projects you've done with HUF come together?

It was sort of project by project. There's no better organic fit for my brand, Haze than working with HUF on a New York level... an indie level. Even though I was very much part of the original New York skate crew with Zoo York... shit, we showed Tony Alva around New York in 1976 on a skateboard, but at the same time, I respected the people who lived it. As a clothing brand. I was never trying to sort of fake the funk and be and try and gain the skateboard audience. Rather, it's more comfortable and makes more sense to work with people who are truly representing that and make a contribution and put my fingerprints on their authentic relationship to the culture.

What was your impression of the brand initially that helped you decide that working with HUF was the right fit for you and your brand?

Even before we were working together, there was a sense of simpatico because Keith left New York and went to San Francisco and set up shop, and created a platform from there. Similarly, I left New York in a different generation set up shop in LA, and created my platform from the West Coast. We were both New York street kids who ended up with brands in California. It didn't take a whole lot of thought or intellect to understand that HUF was a great fit. At this point in my career, it's fair to say that when people come to me, for a collaboration or a design, it's because they understand my style and that's what they want. Keith would point me in the right direction that at most, he would let me do my thing, and then I bounce it off them and we tweak or refine it. I think for all the things we've done with HUF over the years, you set the world on fire together and then you wait for the ashes to die out.

So on the flip of that, what void does the fine artwork you do fill?

I started painting again in the 90s when I was still in LA. When I returned to New York in 2004, I thought 'wow, the conversation has gotten invigorating again, and I want to be part of it.' I didn't know what that voice was or where I was going to fit in, so I just picked up a brush again and stared at blank paper and a blank canvas, understanding it was a challenge to find a new voice. Then I just decided, you know what? I'm going to incorporate painting into every gig I can so that it's all just really paid on-the-job training. I set my radar on wanting to develop what I call an "economy of style" and the language that would allow me to show up anywhere, anytime, with one brush and one color and make magic in a way that was organic to me.This is where it comes full circle back to HUF and Keith.  I figured out very early running my own brand, that it was great to have your own business, it was great to have your own identity, but at times you built your own island, and that island could be lonely. I think Keith understood that. The collaborative process and the importance of collaborating, whether with Keith or brand to brand Haze to HUF, these collaborations lean into and satisfy that desire to address collective consciousness, as opposed to, this sort of fine art model of 'I took a shit, here it is.' That road of painting and collaboration has led me to new, exciting, unexpected places for me personally. I've gone from staring at the blank page to having too many ideas.

Continue reading

JAIME MUÑOZ FOR HUF

JAIME MUÑOZ FOR HUF

JAPAN TOUR MELTDOWN VIDEO

JAPAN TOUR MELTDOWN VIDEO

HUF WORLDWIDE PRESENTS JAPAN MELTDOWN

HUF WORLDWIDE PRESENTS JAPAN MELTDOWN

SPRING 24 PREVIEW

SPRING 24 PREVIEW