20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #2



#2
BENNY GOLD
Past HUF Designer & Founder of Benny Gold
元HUFデザイナー兼、Benny Goldブランド創設者


2000年代初期のキースのサンフランシスコでのキース・ハフナゲルのスケートクルーの中心的存在だったデザイナーのベニー・ゴールドは、HUFの第一号店である808 サター・ストリート店の最初のブランディングとアイデンティティを作った人物である。ゴールドはHUF初期のグラフィックやアパレルの多くをデザインし、後にキースの勧めで”Benny Gold”ブランドを立ち上げ、成功を収めました。

どのようにしてHUFで働きはじめたのですか?

キースは既に何人かの従業員がいて、そのうちの1人が俺のスケート仲間だったカイル・デマーズだったんだ。カイルは「お前HUFの大ファンだろ?一緒にスケートしようぜ」と誘ってきたので一緒に滑っていたら、キースが「ショップをオープンさせたばかりなんだけど、まだロゴも決まってないんだ」と愚痴ってたんだよ。キースは彼のスポンサーとか色々なクリエイティブな奴らに相談してたんだけど、どれも気に入ってなかったんだ。俺は自分のヒーローと滑ってたから緊張してただ座っていたら、カイルが「ヘイ、ベニーはロゴのデザインもやってるよ」と言い出したんだ。当時のHUFお店のデザインは全て直線的で曲線を使用していなかったので、キースが与えた唯一の条件は「直線的でクールなロゴ」というだけでした。そして帰宅後、ブレインストーミングしていた時に「An Etch A Sketchだ!」って閃いたんだ。エッチングでデザインすれば曲線は使わないからね。

俺は3つのデザインを作りアンとキースへ持っていくと、2人とも「Etch A Sketchがいいね」と言いそれで直ぐ決定したんだよ。名刺、店のロゴ、看板をそれで全て作った。するとキースから「今度はお店で売るブランドTシャツが必要なんだけど、手伝ってくれるかな?」と相談があり、キースと一緒にサイケなデザインやサンフランシスコの橋とか馬鹿げたアイデアを出し合ったんだ。当時はサンフランシスコを象徴するデザインばっかりしてたな。それからTシャツが売れはじめた頃、うちで働かない?」とキースが誘ってくれたんだ。その後、キースが色んな人を紹介してくれて、それまではスケート業界で働きたいと思っていた俺が、急にStüssyの仕事を任されたり、Real SkateboardsのTシャツのデザインやDVSの靴のデザインをしたり、キースが関わっているのも全てを俺が手掛けるようになったんだ。

HUF Greenの色は誰が選んだのですか?

それはアン(・フリーマン)だね。アンは包装紙みたいな紙切れを持っていてその緑が好きで、それが唯一の彼女からのフィードバックだった。アンは「ロゴも好きだし、これが私たちの色よ」と言ったんだよ。俺はその小さな紙切れを持ち帰りパントーンブックで調べたらPMS375だった。その時の事は今は忘れないね。アンの功績は十分に認知されていませんが、彼女は色々なことの陰の功労者なんだよ。アンが会社名も決めたし、キースの背中を押してお店をオープンさせたのもアンだしね。

どのようにして自身のブランドBenny Goldを始めたのですか?

Benny Goldを始めたのも、キースのアイデアでした。既に自分でステッカーを作って、友達に配ったりしてたんだけど、Tシャツを作ったきっかけは、マーケットストリートでスクワッター・パーティーっていうパンクロックのショーに行った時に、バリー・マッギーに会って、彼が「あのステッカー作ってるの君?Tシャツ作ってみたら?もし作ったら俺着るよ」って言われたんです。だから、「えっ、マジで?」って感じで、急いで画材屋さんに行ったら、そこで働いていたサム・フローレスが小さなスクリーンプリンターをフックアップしてくれたんだ。早速自分の家のキッチンでTシャツをプリントしたんだけど、バリーに会うことは出来なかったんだ。だから結局未だに彼にTシャツを渡せてないまま(笑)。そしてお店に行ったらキースが、「そのTシャツどうするの?」っていうから、「わからないけど、作って友達に配って、、、あと、バリーを探してるんだ」って言ったんだ。

キースが、Tシャツをお店に置いて、ブランドを始めろって言ったんだ。だから俺はキースに、「ブランド名をどうしようか?」って相談したら、「お前の名前だよ」って言われたんです。だから「そんなバカな」って言ったら、「せっかくこれまで時間をかけて名前を覚えてもらったんだから、もし違う名前を付けたら、またみんな新しく覚えなおさなきゃいけなくて、チャンスを逃すことになるよ」って言われたので、「分かった。もし誰かにアドバイスを聞くのなら、キースのいうことを聞くべきだ。彼は自分の言っていることをよく理解しているから」って思ったんだ。

これまでのコラボレーションの中で、お気に入りは何ですか?

Nikeが靴のデザインをして欲しいって言ってきたので、ナオとキースと三人でお店でアイデアを練っていたんですが、ちょうどサンフランシスコの大地震から100年目の年だったので、それに因んだものをデザインしようということになったんです。俺たちはJordanのセメント柄みたいなのがやりたかったので、色々調べて行ったら、ほとんどの被害は火事によるものだと分かったのです。なので、火で燃えたような表現や、地震のひび割れみたいな柄とかデザインを練っていたら、Nikeのほうでなかなか話が進まなくなって、リリースが遅れてしまったので、俺たちはその間も次から次へと新しいアイデアを出し続けて、最初は靴だけだったはずのに、「ねぇ、帽子も一緒につくらない?Tシャツは?キーチェーンは?あとステッカーも?」という感じで、発売の頃には大きなリリースになってました。発売日は雨だったのにもかかわらず、お店の周りを囲むほどの大行列ができていました。ちょうどお店の隣の物件が空いていたので、一晩中かけて壁にひび割れのペインティングをしたり、ハンマーで壁を叩いたりして、まるで地震があったかのようなインスタレーションを施したんです。

キースという人物について教えてください。

とても真面目で、ダース・ベイダーのように息が荒かったね。俺たちはHUFベイダーって呼んだりしてたよ。そして世界一ドライなユーモアのセンスを持ってました。ある日、ダウンタウンで一緒に滑っていた時に、俺はキースに向かって、「やってやるよ」って言ったんだ。そしたらキースは、「何言ってんの?」って言うから、「俺はキースのキャリアをずっと研究してきたんだ。だからキースのやったことあるトリックも全部知ってて、できないトリックも知ってるんだ、ビデオも全部観てるしね」って言ってやったんだ。そして俺は、確かハードフリップか何かを決めたんだ。そしたらキースはすぐに完璧なハードフリップを決め返したんだ。だから俺は、「えっ!?キースがこの技決めるの今までに観たことないよ!」って言ったら、キースは、「観たことないからって、俺ができないって訳じゃないよ。あと、お前もやるべきじゃないよ(笑)」って、、、つまり俺のトリックが相当醜かったってことさ。

キースは常に全体像を見ていました。彼はとても行動的で、あんなに体を鍛えていた友達は初めてでした。スケートボードに真剣に取り組んでいたので、よくジムに行って鍛えていました。そして当時、真剣に体を鍛えることは俺らの中でクールとされていなかったので、よく”バフ-ナゲル”って呼んだりしてました(笑)。キースは無口で、真面目な割に、面倒見が良くて、気前が良くて、いつも見守ってくれているのに、それをひけらかすこともしない。俺が仕事で困ったことがある時には、よく電話で相談に乗ってもらってました。キースは自分にとって、メンターでした。俺がブランドを辞めようと考えていた時、お店のリースが残っていたので困っていたら、キースはそのリースを引き継いでくれると提案してきてくれたのです。その頃には彼には既にインベスターがついていて、彼らはみんな「このロケーションじゃなくても、もっと安い物件が見つかるはずだ」と言っていたのですが、キースは(当時既に闘病中だったにも関わらず)インベスターに連絡して、とにかく早く支払いを済ませて、店の権利を引き継ぐように言ってくれたのです。キースはそんなことする必要はなかったのですが、あれがキースなりの助け方だったのだと思います。彼は、人と人との繋がりや、友情を大切にする人でした。キースは友人に対して、常に100%味方でいてくれました。

その他キースについて何か覚えていることはありますか?

ユーモアのセンスですね。前にLAに行った時に、一緒にスケートしようと誘った時があるのですが、彼は肩を怪我していて、なかなか来てくれませんでした。そして彼は、「お前がスケートに行ってコケても誰も気にしないけど、誰も自分の好きなスケーターがコケるの見たくないだろう(笑)」って言ったんです。

HUFが20周年を迎えたということは、あなたにとってどんな意味がありますか?

想像以上に大きくなってびっくりしています。スケートボードが素晴らしいということはもちろん知っていましたが、これほど大きくなるとは想像もしていませんでした。それをこの目で見れていることが単純に嬉しいです。

Designer Benny Gold created the initial branding and identity for HUF’s 808 Sutter street store and was a mainstay in Keith’s early 2000s San Francisco skate crew. Gold would go on to design much of HUF’s early graphics and apparel, before launching his successful “Benny Gold” line, at the urging of Keith.

How did you formally get involved with HUF?

Keith had a few employees and one of them was Kyle Demers, who was in my skate crew. He was like, ‘I know you're a huge HUF fan. Come skating with us.’ So we're skating around and Keith was complaining because he’d just opened the shop and he didn't have a logo yet. He’d have asked all his sponsors, and all the creative departments, but didn’t like anything they had come up with. I'm sitting there all nervous, because I was skating with my hero, and Kyle's like, “Hey, Benny does logos.’ Keith just wanted it to be “linear and cool,” because there were no curves in the store—everything was a straight line. That was the only brief he gave me. I went home and I started brainstorming and I was like. ‘An Etch A Sketch!’ An Etch A Sketch is the only thing you can't do a curved line on.

I had three options. It was just Anne and Keith there and I remember showing it to them and they go, ‘We love the Etch A Sketch one’ and that was it. I did the business card and the logo for the store, the signage, all that stuff. Then Keith comes to me and says ‘Hey, we really need some branded t-shirts to sell in here next. You wanna help me make some?’ So I started brainstorming stupid ideas with him, like psychic things and San Francisco bridges—it was so SF-focused at the time. Then the t-shirts started taking off and he was like, ‘How do you feel about a retainer?’ Also, he introduced me to everybody and it went for me wanting to work in the skate industry, to all of a sudden I'm doing work for Stüssy, t-shirts for Real Skateboards, shoes for DVS—everything he was involved in.

Who picked out that HUF green color?

That was Anne [Freeman]. She had this— I think it was a piece of tissue paper— but she loved the green and that was her only feedback. She's like, ‘We love the logo, and this is our color.’ I took that little piece of tissue paper home, and I pulled out my little Pantone matching book and it was PMS 375. I'll never forget it. Anne doesn't get as much credit as she deserves, but she was the mastermind behind a lot of stuff. She named the company. She pushed Keith to open the store.

How did you start your own brand Benny Gold?

It was also Keith's idea to start Benny Gold. I was making stickers already, just giving them to friends. The only reason I made a shirt was because I was at a squatter party on Market Street—a punk rock show—and Barry McGee was there. He goes, ‘Hey, you're the kid that makes those stickers. You should make a shirt. If you make a shirt, I would wear it.’ And I was like, ‘Really?’ So I went to the art supply store. Sam Flores worked there and he hooked me up with a mini screen printer thing. I screened a t-shirt in my kitchen. But then I couldn't find Barry! So I never got him a t-shirt [laughs]. I was at the store and Keith was like, ‘What are you doing with those t-shirts?’ I’m like, ‘I don't know. I'm just making 'em and giving ‘em away to all my friends... and looking for Barry.”’

Keith tells me to put some in the store, and make a brand. I asked him what to call the brand, and he’s like, ‘Duh, your name.’ I was like, ‘No, that’s stupid,’ but Keith was like, ‘You already invested all this time in building your name, if you name it anything else, people gonna have to reconnect the dots and you're gonna lose this big opportunity.’ I was like, ‘OK, if I should listen to anybody, I should listen to this dude. He knows what he’s talking about.’

What were some of your favorite collaborations you got to work on?

I remember Nike wanted to give us a shoe and me, Nao, and Keith were sitting in the store brainstorming what to do. The 100th anniversary of the big San Francisco earthquake was coming up and we decided to do something about that. We wanted to do something like those Jordans with the cement crackle thing. Then I started researching and I read how most of the damage was done by the fires. So we started to make it all fire damaged and put seismic patterns on it. Then Nike started dragging their feet a little bit, pushing the release back, so we just kept expanding the idea. It went from just a shoe, to ‘Hey, why don't we make a hat with it? Or make shirts? And keychains? And stickers?’ By the time the thing dropped it was huge. The line was wrapped around the block in the rain. We took an empty storefront next door and I spent all night painting cracks in the walls. We took sledgehammers to the walls, and created this whole earthquake experience.

Tell me about Keith as a person.

He was super serious, and he breathed really heavily like Darth Vader. We’d call him HUF Vader. And he had the driest sense of humor in the world. One day we're playing skate together downtown, and I told him I was gonna fuck him up. He was like, ‘What do you mean?’ I’m like, ‘I’ve been studying your career my entire life. I know every trick you've done, and what you can't do. I’ve watched every video.’ So we’re skating and I did, I think it was a hardflip or something. Then Keith just does a perfect one. And I was like, ‘What? I’ve never seen you do that in your life!’ And Keith’s like, ‘Just cause you don't see me do it doesn't mean I can't do it. And maybe you shouldn't do it either’ [laughs]. Meaning mine was really ugly.

Keith always saw the big picture. He was very driven. Like, he was the first friend I had that worked out a lot. He went to the gym and trained because he took skateboarding really seriously. And back then, that wasn't cool. We used to call him “Buff-nagel” [laughs]. For a man who didn't talk much and was very serious, he was really caring and generous, and looked out for you without ever making a big point that he was doing it. At the end, our friendship was mostly me calling him with a business question when I was in trouble. He was such a mentor to me. When I was thinking of closing my brand down, I needed a way out of my store and he offered to take over my storefront. By that time he had investors and stakeholders and they all told him it was a bad idea. Like ‘We don't need that storefront. We could find a different one for cheaper.’ Keith—even though he was sick—called his investors and told them to just give me the money and take my store over. There was no need for him to do it but I think it was his way of helping me out. He valued people and friendships. If he was your friend he was a hundred percent down for you.

What else do you remember about him?

His sense of humor. Once I remember I went down to LA and I was trying to get him to go skating. His shoulder was hurt and he didn’t want to come out. He told me, ‘It's okay for you to go out and suck but nobody wants to see their favorite skater suck’ [laughs].

What does it mean to you that HUF has reached 20 years?

It's amazing because it's bigger than I ever thought it could be. I mean, I always knew it was great but I never pictured skateboarding to be as big as it is. I'm just glad I'm still around to see it.

Continue reading

RIZZO FOR HUF

RIZZO FOR HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

SUMMER 24 PREVIEW

SUMMER 24 PREVIEW