20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #5


#5
SCOTT TEPPER
Past HUF Creative Director and Founder of Ignored Prayers
元HUFクリエイティブ・ディレクター、Ignored Prayers創設者


ニュージャージーでスケートボードとグラフィティに明け暮れて育ったロサンゼルスの新鋭スコット・テッパーは、2013年のHUFアパレルの実績が右肩上がりで上昇していた頃、HUFクリエイティブディレクターとして最適な人材でした。数多くの応募者の中、キース・ハフナゲルが、「スコットで決まりだね」と言ったその日から、HUFとスコットの長年の付き合いが始まりました。

どのようにしてHUFに興味を持ったのですか?

ニューヨークにいた時から知っていましたが、DQMとコラボレーションをしたときくらいですかね。スケートレジェンドであったキースのことも勿論知っていました。あと当時FuturaやStashなど日本で名前の知られている著名人が投稿していたHONEYEE.COMでキースのブログも見ていましたね。当時あのブログは、いろいろなカルチャーで今後起きることを予言しているような感じがして読んでいました。スケート業界におけるキースという人物への深いリスペクトは勿論、後に起きるスケートと”ストリートウエア”のクロスオーバーという現象の中心にいたキースは常にリスペクトでした。

どのような経緯でHUFで働き始めたのですか?

LA には他の仕事をするために引っ越をして、LRGやSole Techなどで働いていたんだけど、ある日知り合いが「HUFが人探してるみたいだよ」と教えてくれて、キースの電話番号を知っていたからすぐに電話したんだ。当時、Krew/Supra、Vans、Street LeagueなどからHUFより高額なオファーをもらっていたんだけど、キースと俺が組んだら良いも のができると信じていたので、HUFで働くことを決めて、最初の数年は俺たちがやりたいことをやっていたんだ。当時は複雑な決まり事や面倒なプロセスなどもなく、クリエイティブなことに対して自分たちでコントロールすることができていたからね。これは素晴らしいことで、俺たちは自然な形で成長できて、全てがリアルだったね。

これまでで一番大掛かりなクリエイティブのコンセプトは何ですか?

当時アジェンダ・トレードショーを経営していたアーロン(レバント)と交流があり、バリー・マギーの”Street Market”みたいなボデガのようなものをやりたいと思っていたんだ。そしてそれを実現するために、オフィスの裏で電動工具や木材を使って、看板を描いたり、どうやって電気を繋げるか自分たちで試行錯誤していました。当時は俺とクリス・ガルシアの2人だけで作業していたんだけど、ガルシアは当時のHUFには不可欠な人物だったね。文字通りFood-4-Lessに行き、生地用のメジ ャーで缶詰のサイズを測ったりもしていた。チーム一丸となってオリジ ナルの缶詰用ラベルをデザインして、商品のラベルを全てHUFのオリジナルラベルに張り替えてボデガに陳列されているように積み重ねたりしていたね。そしてお店の真ん中にHUFのステッカーを貼った自販機を設置して、最後に手書きで”HUF DBC”って書いたんだ。その後もスケートツアー用のバンに木材を積んで、内装も自分たちで組み立てました。アジェンダのチームから「ねえ、またやってくれないか?」と言 わ れたので、アーケード場やリカーストア、最終的にはスワップミートまで組み立てたりもしたね。その時は手裏剣やお香、ブートのドゥーラグまで全てオリジナルパッケージを作ったんだよ。刺繍機 を持ち込んで、帽子とかにその場で名前を刺繍するサービスなんかもやったね。当時はコンピューターを閉じて袖を捲って、全てをDIYでやっていたよ。「キース、ホーム・デポに行きたいんだけど 会社のカード借りれる?」と言うと、キースは「よし、じゃあ行こう!」みたいな感じでね。

珍しいボスですね。

超レアだよ。自分のエゴなんか無くていつも協力的なんだ。みんなキースのことを人としてリスペクトしていたから、いろんなことを実現できたんだ。キースはいきなり電話を掛けて、「ランス・マウンテン、ちょっと相談したいことがあるんだけど」、とか「ヘイ、バリー・マギー」みたいな感じで誰とでも繋げてくれてたんだ。コラボレーションの為にバリーへ会いに行った時も、「ヤバい、ずっと憧れていたバリーだ!」みたいな感じでね。ウエアハウスのメンバーからスケートチーム、フィルマー、フォトグラファー、マーケティング部署やクリエイティブ部署まで、一緒にハングアウトするのが待ちきれないようなチームだったよ。みんな盛り上がっていて、DBCのタトゥーを入れるやつまでいたなぁ。俺たちはみんな一つの家族のような存在で、お互いをサポートしあっていたね。HUFのスケートチームのメンバーもそうだけど、ディラン・リーダーも色々なところから高額なオファーを受けていたけど、キースといれば他でできないことが実現できることを知っていたからHUFのライダーになったんだ。より自由で、より多くのサポートも受けられるし、何より単なるビジネスじゃない何かに関わることができるんだ。最終的には自分で誇りに思える何かにね。

これまで関わってきた様々なプロジェクトの中で、自分の思ったように行かなかったことなどはありますか?

2013年にHUFの仕事でレミオ、ブランドン・クズマ、ブライアン・ケ リーと一 緒に撮影でデトロイトに行き、BEGRという人物と会ったんだ。デトロイトはまさに無法地帯で、朝10時から翌日早朝4:30くらいまでグラフィティをしたり、色々な服を着替えさせて撮影したり、スケートしたりしてたんだ。パッカード・プラントというまるでヨーロッパの戦争でボロボロになった廃墟みたいな2ブロック分くらいある荒れ果てた建物へ行ったんだけど、そこは建物が崩れ掛けているだけではなく、大きく積み上げられた子供靴など異様な光景が広 がり、まるでCall of Dutyのゲームの世界の中にいるみたいだった。俺たちは9人くらいでそこにいたけど、ふとドアの方を振り返るとミシガンのStarterジャケッ トを着た男がこちらを覗いていたんだ。俺たちはBEGRの他に彼の知り 合いのマッチョがいたので、彼が「Wat’s up, man?何か問題でもある?」と声をかけると、その男は「スクラップ泥棒じゃないよな?」と 。俺たちが銅線とかを盗みにきたんじゃないかと疑っていたんだ。だから BEGR が「そんなことしてないよ。ただグラフィティしてるだけだよ」と言ったんだ。

その後、一つのエリアをペイントで終え、15ヤードくらい離れたところに置いてある20缶くらいのスプレーを入れたメッセンジャーバッグを取りに行くと、男が俺のバッグを覗いていたんだ。俺は自分のバッグを取り、みんながいる階まで戻るとそこにはBK(ブライアン・ケリー)がいたので、そこにカバンを置こうとした時、振り返るとさっきのStarterジャケットを着た男がこっちに銃口を向けて、「今すぐ全員の携帯を渡せ」と言ってきたんだ。見た感じ彼が持っていたのは小型の22口径の銃で、俺たち全員を撃つほどの銃弾は入っていないと思っただけど、デトロイトの廃墟でグラフィティしてる時に殺されるのはやだなと思ったんだ。俺たちは携帯を彼に渡し、彼は小さなカバンに携帯を詰めて立ち去っていったよ。その他にも彼の仲間がいたようで、そいつらも銃を持っている可能性があるから、俺たちはすぐにその場を立ち去ったよ。

PLANTLIFEのソックスが爆発的に売れてた頃のヴァイブスはどんな感じでしたか?

当時のウエアハウスの向かいにはストリップクラブがあり、その頃PLANTLIFEソックスはバカ売れしていたから、ランチ休憩の時にストリップに行ってラップダンスを受けて、ソックスで代金を支払ったりもしていたよ。

お気に入りのコラボレーションはありますか?

ディランがチームに加入した時は特別だったね。ディランのロゴを制作した時、彼が自宅で100回くらいサインを書いている間、ずっと座って待ってたのを覚えてるよ。あと、俺はタイポグラフィーオタクだから、Thrasherのロゴを手書きで描き直しできたことは特別な経験だね。


Raised in New Jersey, on a heavy diet of skateboarding and graffiti, Los Angeles newcomer Scott Tepper was the perfect pick for HUF creative director in 2013, just as HUF apparel sales were hitting new heights. Though there was a long list of qualified applicants, Keith Hufnagel was insistent that “Scott was the guy,” beginning a longstanding relationship that’s lasted years.

How did HUF first get on your radar?

From New York, especially when they were doing collaborations with DQM. And obviously Keith too—being a skate legend. Plus he was on that blog HONEYEE.COM back in the day, along with Futura, Stash, and everybody who's anybody in Japan. That blog felt like it was foreshadowing a lot of what was going to happen within the culture. There was always a deep respect for Keith as a person in the skate industry, as well as what was becoming this crossover between skate and “streetwear,” for lack of a better term.

How did you end up working at HUF?

I had come out to LA for another job and I had worked with everyone from LRG to Sole Tech, when someone had told me “Yeah, I think Huf’s looking for somebody.” I had his number, so I hit him up. At the time I had offers from Krew/ Supra, Vans, and Street League. They were all for more money, but I really believed in what Keith and I could do together, and in those first few years, we did whatever the hell we wanted. We had so much creative control, without any restrictions or bureaucracy. It was amazing, and it really helped us grow organically. It was so real.

What was the biggest creative concept you pulled off?

I had a relationship with Aaron (Levant) who owned and ran the Agenda Trade Show at the time, and I wanted to do something that was kind of bodega-ish— very Barry McGee “Street Market.” To make it happen, we were in the back of our office, with power tools and wood, painting signs and figuring out how to run electricity. It was just me and Chris Garcia, who was integral in how we got HUF to pop during those years. We literally went to Food-4-Less and we're measuring cans with fabric rulers. The team and I designed all new packaging for all the canned goods, and we stacked them like how you would see at a bodega. Then we put the vending machine right in the middle, wrapped it with vinyl, and I hand-painted it to say “HUF DBC.” Then we threw all the wood in the skate van and had to assemble it there. Afterward, Agenda was like, ‘Hey guys, can you do it again?’ We ended up building out an arcade, then a liquor store, and later, a swap meet which was the ultimate grand finalé. For that one we repackaged everything from throwing stars, to incense, to bootleg durags. We also brought in an embroidery machine so you could embroider your name on your hat, on the spot. It was all DIY. Roll your sleeves up and get off the computer. Just, ‘Keith, can I get the credit card? I need to go to Home Depot,’ and he was like, ‘Yeah, let's go.’

That’s so rare in a boss.

Super rare. Super supportive and no ego. Because people respected who Keith was as a human being, we could make so many things happen. He could make a phone call, ‘Hey Lance Mountain, I need something real quick’ or ‘Hey Barry McGee.’ I remember going up and meeting with Barry about doing a collaboration, and thinking, ‘That's my guy. I grew up on that! This is insane.’ There was a point where everybody from the warehouse guys, to the skate team, to the filmers and photographers, to the marketing and creative, where we were a crew that couldn't wait to hang out. Everyone was so hyped, people were getting DBC tattooed on them. It was a family, and we all supported each other. I think that even came down to who skated for the team. Dylan Rieder had a lot of offers that were for a lot more money, but he went with Keith because he knew that you could do more with him. You could have more freedom and more support, and be a part of something that wasn't just a business. It was something you could be proud of at the end of the day.

Of all the projects you took on, were there any that didn’t work out the way you’d expected?

So in 2013, HUF sent me, Remio, Brandon Kuzma, and Brian Kelley to Detroit for a shoot, and we met up with a guy named BEGR. Now, Detroit is literally lawless, so we get there, and from 10:00 am to 4:30 in the morning we’re doing graffiti, filming, putting the guys in different outfits, just ripping through the city. We were in the Packard Plant—it’s like two city blocks, and it’s bombed out, like wartorn Europe—and it's not just that the buildings are decrepit and falling apart, but there's weird stuff, too, like a massive pile of old children's shoes. You feel like you’re playing Call of Duty. We’re there nine deep or something like that and out of the corner of my eye, I see this dude peering out of a doorway with a Michigan Starter jacket on. So we have BEGR and also a brolic dude who can handle himself in any situation and he says, ‘What's up, man? We good?’ and the guy's like, ‘Just making sure you're not scrapping,’ meaning stealing copper pipes. BEGR’s like, ‘Nah, man, just painting and just doing graffiti.’

So the guys finish painting this one area and I'm carrying a messenger bag full of 20 cans of paint. The cans are about 15 yards behind me and as I turn around the guy is looking in my bag. I walk up to him, take the bag, and I walk into the concrete foundation of the building, where the rest of the guys are. BK’s [Brian Kelley] in there and as I put the bag down, I turn around and the Starter jacket guy pulls a gun on us and says, ‘Give me all your cell phones, right now.’ It looked like he had a small 22 caliber and didn’t have enough bullets to get us all, but I wasn’t trying to die in an abandoned building in Detroit, filming graffiti. So we throw him our phones, he puts them in this little bag, and takes off. We got out quick because we realized there were other people with him, and we didn’t know if they had guns too.

What was the vibe when the Plantlife sock blew up?

There was a strip club across from the warehouse, and at one point the weed socks were so popular that the guys in the warehouse could go into the strip club during lunch, get lap dances, and pay with socks.

Was there a favorite collaboration for you?

When Dylan came on, that was special. I remember sitting at his house, while he was drawing his signature a hundred times, so I could create a logo from it. I'm also such a nerd with typography, so getting to redo the Thrasher logo by hand was really special.

Continue reading

RIZZO FOR HUF

RIZZO FOR HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

SUMMER 24 PREVIEW

SUMMER 24 PREVIEW