20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #6



#6
TOMMY GUERRERO
Musician & HUF Collaborator

ミュージシャン、作曲家、クリエイター、そして多くの人々にBONES BRIGADEのメンバーとして知られているトミー・ゲレロ。彼のスケートスタイルはもちろん、REAL, KROOKED, DELUXEでの活躍や多彩な音楽活動など、DIYの精神と集団へのコミットメントを持つ彼のスケートボードへの貢献は、その淡々としたスタイルと絶対的な自信でカルチャーを発信し続けている。

90年代前半にストリートスケートにおけるルネッサンスが起こり、イーストコーストが初めて輝きを取り戻したような感じがしましたが、あなたは当時のスケートの流れをどのように感じていましたか?

イースト vs ウエストに関しては特に個人的な見解はないけど、イーストコーストの人達は、俺らベイエリアの人達より根性がある。これは気候のせいだと思うだけど、ベイエリアには季節がないんだ。なので、独特なキャラクターを生み出していたんだ。HUF(キース)はNew YorkとSFの架け橋だった。キースは多くの人々を呼び寄せ、イーストコーストで何が起きていたかを気づかせてくれたんだ。あと、”Slap Magazine”もイーストコーストのスケーター達の見せ方が上手かったね。俺は80年代からNew Yorkに行っていたから、当時からヤバい奴らがたくさんいることは知っていたけど、ThrasherはSFベースだから、彼らはまだ取り上げられてなかったんだ。当時は予算も限られてたから、NYへ行って何が起きているかを撮影することができなかった。だからSlapがイーストコーストのスケーター達をつなげる役割を果たしていたと思う。それまでのスケート業界とは違った見解ができて、それは必然だったんだと思う。

89年から92年くらいまで、スケートボードはすごい早さで進化をしたので、年毎でほとんど見分けがつきません。クリーンでスタイリッシュになる前に少しゴチャゴチャしてた感じがします。

HUFは類稀なる対空時間で抜き出ていたね。彼のオーリーは際立っていたよ。当時の映像を今でも観たりするけど、本当に浮いているみたいでヤバいね。彼の技術とハンパなくスムースなスタイルが融合して、とても優雅に見えるんだ。90年代前半頃、ボードが体より2秒くらい前に着地するようなトリックが出回ってたんだけど、俺が憧れてたスケートのスタイルではなかった。HUFは能力、スピード、優雅さ、そして超人的なPOPさを持っていたね。彼は唯一無二の存在だったんだ。

あと、ヘルメットヘアも悪くなかったよね。

(笑) 彼がまだFUNのライダーだったこと、よくDeluxeの周りにいたのを覚えているよ。そのころはまだ、イーストコーストから来た次世代のスケーターってくらいの認識でしかなかったけど、キースはいつも自発的に動きスケートを愛していて、何事にもとてもプロフェッショナルだった。

90年代にForties Clothingを立ち上げた際、どのようにものづくりを当時していたか聞かせてもらえますか?

最悪だったね(笑)。半分以上は思った通りに仕上がらなく全く報われなかったよ。そして何でもやったよ。完全にワークウエア的な意味合いだった。サンフランシスコで育った俺は、いつもBen Davisばかり着てたね。お手頃だったからね。SearsもBenみたいに少し細めで、安くて良いパンツがあったね。最初はSearsのパンツを元ネタとして真似したんだ。Fortiesではコストを抑えようとしていたんだけど、全ての商品をBay Areaで作ることが信頼につながると考えたんだ。生地を買い、カットソーの工場に持っていって、、、何でも自分でやっていたよ。スケートはDIYの精神を感じさせてくれるんだ。なんとかなるでしょう?

その経験からキースがHUFをスタートさせた時、どう思いましたか?

クレイジーだと思ったよ。彼が次々とお店をオープンするのを見ていたけど、彼はお店をキュレーションするのがとても上手だった。当時何が起きていて、これから何が起こるのかを知っていた。頭がキレて、ブランディングも素晴らしかった。HUFといえばキースというイメージがあるから難しいよね。街でHUFを着ている人を見かけると、「キースのことも知らないし、どんなにすごい奴だったかも知らないんだろうな」と思うんだ。キースだからね。魂がこもってない商品なんてないよ。

キースと話す中で、彼は物理的なスペースを持つことの価値を強く訴えていました。店舗を持つことの重要性は何だと思いますか?

それは包括的であることだと思う。我々は特にスケートボードにおいては、みんなの声を高揚させようとしていた。俺が子供の頃はいろんな派閥なんてなかった。スケートボードを持っている人を見かけたら、共通点があるなと思うくらい珍しいことだったけど、今ではスケートも細分化されていて、それぞれの派閥が自分達の声を聞いてもらおうと必死になり難しくなってきている。俺はみんなを巻き込んで、みんな同じスペースで一緒にやりたいんだ。お店のキュレーションで言えば、アートショーやイベントを開催することで、人が集まりコミュニティーができる。オンラインで商品を売っているだけでは、コミュニティーは生まれない。単に商品を売るだけでは、他の多くの物に紛れてしまう。だけど、お店というスペースをコミュニティー体験の場として活用するのは素晴らしいことだよね。

キースはいつも素晴らしいビデオを出してきましたが、FTC Penal Code 101(1996)、Real Non-Fiction(1997)の頃は、彼がゾーンに入っていたように感じました。当時のことをどう思いますか?

スケートで言えば誰も止められない無双状態の時がありましたね。やりたいことは何でも出来てしまうような、ザ・ベスト・オブ・ザ・ベストでしたね。彼のスケートは、他のみんなとは違いアプローチで挑むんです。彼のスケートへの取り組み方、スタイル、能力は唯一無二でした。いつもBrown Marble Benchesのビデオを見て思うんだけど、彼のやっていたことは尋常じゃないんだ…あらゆるものをオーリーで飛び越えていく能力は、理解できないよ。でもそれがHUFなんだ。

ブランドが20周年を迎えて、Levi’sやBen Davisのように、いつの日かブランドを創設した人物とブランドが離れてしまうことがありますが、どう思いますか?

彼はとても人に優しかった。彼は全ての人に対して、自分ができること全てを尽くして助けてくれました。それが製品であろうが、仕事や情報であったとしても、ビジネスの秘密やブランドのゴタゴタなどでも隠すような人ではなかった。人は秘密主義になりがちで怖がり情報をシェアしたがらない人が多いけど、キースはそんなことなかった。そして彼はみんなに商品を提供していた。彼が倒産しなかったのは不思議なくらいだけど、そこが彼の天才的なところなんだろうね。


Musician, composer, creative, and for many, the style and soul 5 of The Bones Brigade. From his skating to his work with Real, Krooked, Deluxe, and his prolific recordings, with a DIY spirit and commitment to the collective, Tommy Guerrero’s contributions to skateboarding continue to push culture forward with a nonchalant style and complete confidence.

There was a renaissance in street skating in the early '90s and it felt like it was the first time the East Coast was getting its shine. How were you perceiving that wave of skating?

I don't have much of a perception of East versus West but the one thing I do know is that a lot of the just people in general from the East Coast have a lot more grit than we do in the Bay Area. I think that's just due to the climate specifically—we don't really have seasons. That really nurtures a specific kind of character. Huf was the bridge–New York to SF. He brought in a lot of people and brought a lot of awareness to what was happening on the East Coast. I also think Slap Magazine did a really good job of showcasing a lot of the cats from the East Coast. I had been going to New York since the ‘80s and I knew there were so many rippers but at that time, they weren’t getting the representation, and Thrasher was based in SF. The budgets were so limited–they weren’t able to fly out and cover what was happening back then. Slap probably played a role in bringing East Coast skaters into the fold. It gave a different perspective on skating and that was needed.

And the progression was happening so quickly, from ‘89 to say ‘92, skating is almost unrecognizable year to year. Things got a little gross before they got really clean and stylish again.

Huf stood out completely because of his ability to levitate. The way he ollied stood out. I still watch some of that footage and he’s just levitating–it’s a trip. He married tech with that extremely smooth style that looked really graceful. At the time in the early ‘90s, there were a lot of tricks where the board landed 2 seconds before the body. For me, that’s not the skating I really admired. Someone like Huf had the ability, the speed, the grace, and the uncanny pop. He was one-of-a-kind.

Plus the helmet hair didn’t hurt.

[laughs] I remember him being around Deluxe early on when he was riding for Fun. I didn’t know him other than he was this guy from the East Coast who was the next generation. Keith was selfpropelled. He loved to skate and was really professional about the whole thing.

Can you tell me a bit about starting Forties Clothing in the ‘90s and what it was like figuring out how to make shit back then?

It sucked [laughs]. It was so unrewarding because more than half the time your garment would come out wrong. I did everything. It was completely meant to be like workwear. Growing up in San Francisco, it was all Ben Davis and I was wearing all of that because it was affordable. Even Sears had some great pants that were kind of like Ben's but a little more trim and they were cheap. I knocked off some Sears pants originally as a template. With Forties I was to trying to keep the cost down but I was making everything in the Bay Area I thought that lent a lot of credibility. I would buy the bolts of fabric, then bring them to the cut-and-sew spot... I did everything. Skating gives you a sense of the DIY ethos. I’ll figure it out, right?

Having that experience, what did you think when you saw Keith starting HUF?

I thought he was crazy. I saw what he was doing opening stores and you know, he was really good at curating a shop. He knew what was happening and what was going to happen. He obviously was smart and did a great job at branding it. It’s difficult because when I think of HUF, I think of Keith. You see some random wearing it and think, ‘You don’t even know who this guy is and how rad he was.’ It’s Keith. It’s not some soulless product.

In talking to Keith, he was adamant about the value of having a physical space. What do you think is important about having a store?

I think it’s being inclusive. We’re trying to uplift all the voices, especially in skateboarding. When I was growing up there weren’t all these different factions. If you saw someone with a skateboard you knew you had something in common because it was rare. Now skating is so fragmented, you have these factions who are trying to elevate their voices and be seen. But it’s hard. I want everyone to be included–I want everyone in the same space. Let’s all come together. As far as curating a shop, when you do art shows or events, it brings people in and it creates community. When you’re just selling shit online, you aren’t creating community–you’re selling products. It’s another object in the sea of shit. But the shop experience is great. Utilizing those spaces for the community experience is great.

Keith always put out great footage but around the time of FTC Penal Code 101 (1996) and Real Non-Fiction (1997), it felt like he was in the zone. What do you recall about that time?

There was a point where he was kind of unstoppable skate-wise, in a sense where it seemed like he could do anything he wanted on a skateboard–one of the best of the best. When you watched him skate it was different. He had a different way of approaching everything. The way he approached skating and his style and ability, it was like no one else at this time. I always think of Brown Marble Benches– I think of that footage, it’s insane what he was doing... the ability to just ollie over everything. It didn’t make any sense. That was Huf.

With the brand reaching 20 years and knowing that like Levi’s or Ben Davis, at some point these things become detached from the person that made them, what’s your take?

He was so gracious. He would help everyone out he could in any way he could. Whether it was product or a job or information. He wasn’t one to hold back any business secrets or brand bullshit. People can get really secretive. They don’t want to share information because they’re frightened or threatened. Keith was never like that. He gave product to everyone. It was amazing he didn’t go out of business. That’s part of the genius.

Continue reading

HUF X UMBRO®

HUF X UMBRO®

GOLDEN WEEK CAMPAIGN

GOLDEN WEEK CAMPAIGN

HUF X CYPRESS HILL

HUF X CYPRESS HILL

OG LOGO PACK SPRING 24

OG LOGO PACK SPRING 24