20 YEARS OF HUF HARDCOVER BOOK INTERVIEWS #7



#7
REMIO
Artist & HUF Collaborator

HUFの非公式チーフ・グラフィティ・オフィサー(CGO)であるREMIOのレタリングは真似ができず、彼の仕事に対する姿勢は独特でその創造性は無限大である。そしてKeithが築き上げたホームに完璧なフィットである。


最近は何をしているのですか?

NFTのプロジェクトに携わっているんだ。俺がアートワークを担当して、ロサンゼルスで絵を描いている様子を撮影したり、アーティストとしての歩みを紹介するビデオ制作をしているよ。

パリはどんな感じですか?

2年前からパリに住んでいるけど、とても気に入っているね。

あなたの公式な職業はなんですか?

純粋にアーティストです。

分かりやすいですね。

とは言っても、変わったアーティストだけどね。フランスのトゥールーズでは、ピカソの巨大な作品がある美術館で行われるフェスティバルとグラフィティアートショーに招待されたことがあり、そこでは有名なグラフィティアーティストたちが集まる中、俺はシークレットゲストとして招待されて街中で絵を描くことになったんだ。つまり、俺は市から招待され、街で絵を描くことになったんだよ。

すごいですね。

すごく変な感じだった。ブラジルでは地下鉄に絵を描いて、2週間くらい好きなことをやってお金をもらったこともあるよ。企業的なものだったんだけどね。

夢の様な仕事ですね。

ほんとヤバかったよ。

それが今までで一番面白かった仕事ですか?

グラフィティ関連の事でお金をもらえる仕事はいつも変な感じだよね。だってお金を払われようが、払われまいが、どのみち俺はグラフィティするからね。

HUFに出会ってからSFに移り住んだのですか?

サンフランシスコへ引越した理由は、カナダのバンクーバーで警察に追われてたからなんだ。サンフランシスコに知り合いのアーティストがいて、結果的に彼のところで働くことになったんだよ。

最初はどうやって彼に出会ったのですか?

彼がバンクーバーに来たときに、俺のグラフィティを見かけたことがあって、そして俺がサンフランシスコに行こうとした時、同じ年代の奴ら何人かで連絡を取り合ったんだ。

それは何年くらいのことですか?

2004年くらいかな。俺が彼のところで働いていた時の仕事の一つがHUFの仕事で、それがキースとの最初の出会いだったんだ。

初めて彼に会った時のことを教えてください。

俺はスケーターだったから、星に撃たれた様な衝撃だったよ。「こんなのクレイジーだ」みたいな感じで。キースがスケートしようと誘ってくれたから一緒に行ったんだけど、俺は大ゴケしたから座ってキースがスケートしてるのをみてたんだ。それまであんな凄いプロのスケートを目の前で見たことがなかったからね。

どこでスケートしてたんですか?

Thrasher Parkで、キースはヒール・フリップで腰ぐらいの高さを飛び越えてたよ。

外でもキースと遊びに行ったりしてたのですか?

そうだね、何度か自転車に乗ったり遊びに行ったりしたよ。キースも俺もLAへ引越しして、また遊ぶようになったね。キースが事務所にスタジオを用意してくれたから、俺は毎日オフィスに行き、ペインティングを描いたりウエアハウスの壁にペイントしたりもしたよ。

その頃からブランドの仕事とかも始めたんですか?

そうだね、それまで以上にやり始めたね。その前までは、作ったTシャツをHUFのお店で売っていたくらいだったからね。

コラボレーションのプロセスはどんな感じでしたか?

俺たちはただ行ったり来たりしていた。時には俺が何かを持っていったり、キースが何か持ってきたりしてね。キースはとても仕事がやりやすかったよ。特にキースは知っている人と仕事をする時には、その人の考え方を尊重してくれるから、基本的に”NO”とは言わないんだ。キースは俺がグラフィティ界で何が起きているかを熟知していることを知っていたんだよ。

HUFとのお気に入りのプロジェクトは何ですか?

日本でコレクタブル・フィギュアの制作はお気に入りの一つだね。キースとハニと一緒に日本へツアーに行ったのは最高だったね。まるでロック・スターになったかの様な気分だったよ。お母さんが赤ちゃんを連れてきて、赤ちゃんのシャツにサインしたりして。クレイジーだったね。

それは凄いですね。

キースがやることはいつもヤバかった。帽子作ろうぜ、靴作ろうぜ、みたいに。キースはアイデアを押し付ける感じではなく、「お前は何がやりたいの?」みたいな感じで、それがキースのヴァイブスだったんだ。

あなたはHUFをどのように定義しますか?HUFの何がスペシャルなのですか?

俺にとってはHUFは、ただのブランドでも、ただのスケートボードでも、クールな洋服とかそんなんじゃなく、それら全てを含んだ全体のヴァイブスなんだ。

HUFが20周年を迎えるということは、あなたにとってどんな意味がありますか?

時間が経つのが早すぎて変な感じだね。大きな節目でもあるけど、別にクレイジーな事でもないし、言いたいことはわかるでしょ?20年という月日が過ぎ、俺は子供もできた。だけど俺にとって20年というのはチェックマークみたいなもので、これから30周年、40周年と続いていくものだしね。

あなたの個人的な次のプロジェクトは何ですか?

俺はヨーロッパに今住んでいて、全てのビジネスと生活を向こうに移しているところなんだ。あとは自分のアートにフォーカスすること。

それでもストリートに繰り出す時間はありますか?

俺はストリートでペイントしないといけないんだ。ほぼ毎日ストリートで何か描いている。自転車で街に繰り出して、スポットを見つけてはペイントして。スタジオでもペイントするよ。あと、最近は陶芸もはじめたんだ。10個くらい作ったかな。知り合いのグラフィティーライターが陶芸スタジオを持っていて、誘ってくれたんだ。

どんなものですか?

犬の頭を作ってるんだ。俺が描いた犬の陶器バージョン。3Dは難しいけど面白いよ。スタジオで色々試しているよ。


The unofficial Chief Graffiti Officer (CGO) of HUF, REMIO’s lettering is inimitable, his work ethic is unparalleled, and his creativity is boundless. A perfect fit for the House that Keith built.


What you been up to?

I'm working on a NFT project. I did the artwork and we’re doing a video that shows me painting around Los Angeles and introduces my journey as an artist.

What's up with Paris?

I live in Paris now. Been there for two years. I love it.

How do you describe your occupation, on like, official forms?

I just say artist.

That’s straightforward enough.

But it is a weird kind of artist though. I did this one thing in Toulouse, France and they invited me to a festival and graffiti art show at this museum that houses this giant Picasso piece. They had a bunch of famous graffiti artists and they invited me as the secret guest to basically just paint in the city. So I was invited by the city to paint in the city illegally.

Amazing.

It was super weird. We got paid to paint some subway trains in Brazil and just do whatever we wanted for like two weeks. It was like a corporate thing.

Dream gig.

Yeah. It was sick.

Was that your sweetest-ever gig?

I mean, all those jobs that I get paid to do stuff that's graffiti-related are always kind of a trip because I'm doing graffiti anyway whether I'm getting paid for it or not.

Did you meet HUF first, or move to SF first?

I came to San Francisco because I was running away from the police in Vancouver, Canada. There was an artist in San Francisco, who was the guy that I ended up working for.

How'd you connect with him in the first place?

He saw my graffiti when he visited Vancouver. And then when I was gonna go visit San Francisco, he connected me with, with guys that were my age.

What year was this?

It was around 2004. When I worked for him we did this job for HUF. It was an Adidas shoe. And that's how I met Keith.

Describe the first time you met him.

I was just starstruck, because I was a skater kid. And I was just like, ‘This is crazy.’ He invited me to go skate with him, so we went out, and I bailed really hard. So I just sat down and watched him. I don't know if I'd ever seen pros that good before, right in front of me.

Where were you skating?

We were at the Thrasher Park and Keith did a huge heel flip over this hip thing.

Did you start hanging out with Keith socially?

Yeah, we went on a few bike rides and hung out a little bit. Then he moved to LA, I ended up moving to LA and we linked up again. He offered me a studio space in the office. I ended up working at the office every day so I was making paintings, and also painting the wall in the back of the warehouse and stuff.

And then did you start doing brand stuff as well at that time?

Yeah, more than I had before. Up until that point, he had just sold some t-shirts I’d made at the HUF store

What was the collaboration process like?

We just went back and forth. Sometimes I'd bring stuff to him. Other times he'd bring something to me. He was easy though to work with, and he wasn't a “no” guy—especially if he knew you—and trusted your perspective. He knew that I knew what was going on with graffiti.

What was your favorite project with HUF?

Making the collectible figure in Japan was one of them. Going there with him and Hanni (El Khatib) and doing a tour across Japan was sick. Like being a rock star. Some lady brought her baby and we were literally signing this baby's shirt. It was crazy.

That's amazing.

He was always doing stuff that was sick. Let’s make a hat, let’s make a shoe. But he wasn't the one pushing an idea on you, it was more like, ‘What do you wanna do?’ That was his whole vibe more than anything.

How would you define HUF and what makes it special?

To me, it’s not just a brand, it's not just skateboarding, it’s not just cool clothes or whatever. There’s a whole vibe to it.

What does HUF celebrating 20 years mean to you?

It's trippy because time has gone hella fast. It’s a milestone but it's also not crazy, you know what I mean? Time is gone. I've had kids and stuff. But to me, 20 years is a check mark. Like also the 30 and 40 year anniversaries are coming up, you know?

What's next for you personally?

I'm living in Europe now and I'm transitioning all my business and my life over there. Focusing on my art.

Still finding time to get up in the streets?

I have to paint in the streets. I paint in the streets every day, pretty much. I take my bike out at some point in the day and find a spot and paint it. Then I also paint in the studio. I've actually started working in ceramics. I'm on like my 10th piece. Another older graffiti writer has a ceramic studio, and he invited me to come over and check it out.

What kind of stuff?

I’m making dog heads. They’re ceramic versions of those dogs that I paint. 3D is different, but I like it. I'm thriving in the ˜studio.


Continue reading

RIZZO FOR HUF

RIZZO FOR HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

THE DO-OVER TOKYO 2024 PRESENTED BY HUF

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

HUF SHIZUOKA RENEWAL OPENING

SUMMER 24 PREVIEW

SUMMER 24 PREVIEW