COMMON THREAD MIKE PAK OF @KOREATOWN



コミュニティ・ビルダー、起業家、そしてHUFの長年の友人であり、ロサンゼルスのコリアタウンの非公式な市長でもあるマイク・パックは、様々な物事を実現することに長けている。10年前、ファッション、アート、音楽、カルチャーに興味を持ったマイクは、LAコリアタウンに何か特別なものを感じ、ホームタウンであるバージニア州を離れ、その地域のカルチャーを受け入れるだけでなく、成長させるというミッションを胸に移住を決意した。そしてLAに拠点を移すだけではなく、コリアタウンにどっぷりと浸かりたいという思いから、様々な非営利活動や、LOVE HOURというハンバーガーレストランを自身の思い入れのある地に立ち上げた。 HUFは、コリアタウンの活気ある文化と歴史に深い愛情と経歴を持つマイクにインタビューし、彼のDIYのアプローチとコリアタウンへの情熱について話を伺いました。

Photos by Eduardo Medrano and Tina Hernandez
Koreatown crew in the Spring 23 Collection

Run Clubを立ち上げた時のこと、そしてそれが地域活性化のきっかけになったことについて教えてください。

我々がRun Clubで築き上げてものは、現在に至るまでとてもユニークで特別なものです。そしてスタートしてから、私達が考えているよりも大きな影響があるということに気づきました。 ランニングをしている人たちから、アルコールの問題や恋人と別れた事がきっかけでランニングを始めたという話を聞きます。そういったコミュニティーのおかげで私達にできることはもっとたくさんあるのではと気づかされました。 本当に感謝しています。それから数年後、親友のジミー・ハン(コリアンタウンでレストランやバーを経営)が私達の活動を気に入り、食の分野で何か新しいコンセプトをやりたいと言われました。私達は2人ともハンバーガーが大好きだったので、その方向で進めようと思いました。スマッシュバーガーのコンセプトである「LOVE HOUR」を開発し、4年前にポップアップとしてスタートをしました。7回目のポップアップでコーチェラに招待され、それ以来ジェットコースターのような旅を続けています。食品業界で働いたことがなかった私は、ビジネスや起業家としてのあり方を学びながらこのスペースでの活動を進めていきました。

その結果、どのように他のコミュニティ活動へ繋がったのですか?

より大きな視野で考えるようになりました。私達は地域のためにフリーランをしていますが、近隣でビジネスも営んでいるので、自分達の周りに住む人々や働く人々のために提供したいと考えました。ではどうすれば直接的に地域に貢献できるのか。パンデミックの時に友人たちと酒を飲みながら、ここLAのホームレス問題について話をしていました。この問題は大都市でも十分な対策が取られておらず、家を持てない人たちを手助けしたいと思い率先して行動をしました。当初、自分達ができることはランチを提供することくらいでした。週3日茶色い紙袋に食事を詰め、自転車で配達するという活動を2年以上続け、毎週日曜日は地元の教会で身寄りのない方々へ200食の温かい食事を提供しています。

ボランティア活動やフリーランをオーガナイズする事とそしてレストランを経営する事は全く違う活動だと思いますが、大変ではなかったですか?

面白い質問ですね。正直なところあまり深く考えていません。 毎日起きて何かをしなければならないと思っています。 私の性格上クラスのピエロというか、「どうでもいいや」みたいな感覚です。Run Clubをスタートしてから、それがとても深刻なことだと気づかされました。どの業界や団体を立ち上げても沢山の扉が開かれますし、新しいことを始めるのは簡単でした。なぜなら、私達にはインフラが既にあり、それを支えてくれる人達がいたからです。自転車で食事を配給するように、毎週同じ人たちと顔を合わせます。Run Clubのメンバー達の方が自分の家族よりも会っていますね。家族という言葉を軽々しく使う人がいますが、私達は文字通り、週に5~6日位この人たちと会っています。ある意味兄弟みたいなものです。そして、人々の問題や良い日、悪い日を知っているのです。私達は、より多くの人に接することができるようにまだまだ成長しようとしています。

新しいプログラムも始めたばかりですか?

2週間前に、6歳から15歳までの子供達を対象としたメンターシッププログラム「Excel the Youth」をスタートさせました。ロサンゼルス郡に直接出向き、図書館システムの監督者に話を聞きました。ピオ・ピコ図書館のコリアタウン分館へ連絡を取り、「誰にも相談できないような子供達のために、時間を割いてくれる友人達がいます」と伝えました。最初は写真のクラスから始まり、今では自分達がやりたいこと、友達と一緒に楽しめることプログラムに取りいていますが、この活動は全てこの地域と関係しています。様々な活動や新しいプロジェクトに取り組んでいますが、一番需要なことは全てにおいて一貫性を持ち、適切な人たちに協力してもらい運営することです。

パンデミック初期に、これらのアイデアがどのようにまとめられたかについて話を戻したいと思います。多くの方々が自分達の住む地域が脅かされていると感じ、地域に対する見方が大きく変わりました。あなたにも同じような影響がありましたか?

その通りです。特にパンデミックの時は一人で過ごすのが大変でした。私は人と一緒に過ごすが好きなのでとても苦労しましたね。 逆に一人で居ると悲しくなり少し落ち込んだりもしました。でもそのお陰で人のために尽くす必要があるのだと気づき、それが私の使命だと思いました。いつどうなるかわかりませんが、事前に計画を立て、みんなと集まり、とにかく小さく始めることが重要でした。 そしてこれらのアイデアはすべて、孤立していたときに生まれたものです。

このような知識を今は持ち、物事を実現するためのネットワークの作り方を熟知しているあなたが、自身のアイデアを実現させたいと本当に考えている人達へ何を伝えることが出来ますか?

何かをはじめる際には、謙虚さと慎重さが必要です。なので、自分の人生でやりたいことをはじめる時にみんな一番苦労をします。私はアイデアが生まれても最初の10秒で行動に移せなければ、それをやらないことにしています。 家なき子支援活動も、やりたいと思いながら、なかなか行動に移せずにいたある日、「考えていてもダメだ、月曜日にやろう」と思いました。とある金曜日に自分にそう言い聞かせて、翌週の月曜日には行動に移し、その日から2年半になります。とにかくやってみろ。クソ食らえだ!全ては口コミだ。決して簡単なことではないが、自分には長期的な計画があり、誰も自分より長続きできないと信じています。毎日、毎週、気が狂いそうになるし、パーティーも好きだから、バランスを取るのが大変なんです。1日の終わりには頭の中にやり残したことがたくさんあり、やり足りないと感じて友達に相談すると、「お前は色々なことをやりすぎるんだよ」と言われるのですが、それがモチベーションとなり、もっとやりたいと感じるんです。

素晴らしいですね。ビジネスはスプレッドシートから始まるが、アイデアは友人と共に行うことから始まるということですね。

完璧になることはありません。キッズプログラムを始めたとき、ソーシャルで凄く盛り上がり、「100人の子供が集まるんだぞ。どうやって対応するんだ?」と考えていました。しかし参加した子供はゼロでした。嘘偽りなく、ゼロでした。誰が図書館に来るっていうんだ?図書館で補修プログラムを受けていた子が何人かいて、その子たち15人を集めて実施しました。(笑)

コリアタウンに惹かれた理由、そしてコリアタウンに居続ける理由は何ですか?

コリアタウンを走るのは、まるでジャングルを走るようなものです。ひび割れや凸凹のある路面や人々は思い思いの行動をとり、もしかしたらナイフを突きつけられるかもしれない。予期せぬことが起こるからこそ、私はランニングを続けているのです。 食べ物に関して言えば、ロサンゼルスで最も美味しい食べ物屋さんが集まっている地域だと感じています。コリアンバーベキューは韓国料理への入り口であり、ナイトライフやカラオケ、そして日々の食事に至るまで、様々なものが紹介されています。このようなことを通して、地域の人々がどのような人達なのかを考えるようになります。どんなことに興味があっても、自分の生活に合ったものがありますし、手を差し伸べることで自分のコミュニティを作ることもできます。自分がどんな人間なのか、どうすれば近隣で力を発揮できるのか、それを知ることができるのです。

Can you tell us about starting the Run Club and how that was a real jump-off for all your community activations?

What we were able to build with the Run Club is so unique and special to this day. When we were starting, we realized it was bigger than us. The people running would come and tell their stories, they would talk about their alcohol problems, or how they had just broken up with their girlfriend and that’s why they started running. The community part just opened our eyes to more things we could do. We're just super grateful. Fast forward a couple of years later, our good friend Jimmy Han (who owns a few restaurants and bars here in Koreatown) liked what we were doing and reached out because he wanted to do something in food—a new concept. We both love burgers and knew that was the direction would be. We developed LOVE HOUR which is a smash burger concept and launched it four years ago as a pop-up. We were invited to Coachella by our seventh pop-up, and it’s been a rollercoaster ride ever since. Having never worked in the food industry, I was learning the business and just how to be an entrepreneur in the space as we went along.

How did that lead to the other community initiatives you operate?

It made me think about the bigger picture. We had this free run for the community but we’re also business owners within the neighborhood, so we want to provide for the people living and working around us. So how do we directly help the community? During the pandemic, I was drinking with some buds and talking about the houseless issue here in LA. It’s a big city problem that doesn’t seem to get addressed enough and we wanted to have a hand in helping our unhoused, so we took initiative and decided to do something. At first, all we could really do was provide lunches. We were ambitious, doing three days a week packing brown paper bag meals and delivering them on our bikes. We’v been doing that for over two years now and every Sunday we offer 200 hot meals to our unhoused at the local church.

The dynamics must be so different between volunteering, putting together the free runs, and operating a restaurant. Was that hard to navigate?

It's interesting you say that. To be honest, I don't really tend to think about it as much. I wake up every day knowing I have to go and do something. It’s also my personality—I’m like the class clown slash “I don’t give a fuck” kinda vibe. I realized it was so serious after the Run Club—it opened so many doors in whichever industry or organization we wanted to start. It’s all grassroots and intertwines together. It’s been easy to start new things because we already have the infrastructure and then the people to support us because we’re all interconnected. With something like bicycle meals, we see the same people every week. I see them more than I see my family. I see the Run Club more than I see my family. People throw the word family around loosely but we literally see these people five or six days a week. They almost become your siblings at a point. You know people’s issues, you know their good and bad days. We’re still trying to grow it to touch more people.

And you just started a new program?

Yeah, just two weeks ago we started Excel the Youth which is our youth mentorship program for kids 6 through 15. We went directly to LA County and spoke to the supervisors from the library system. We connected with Pio Pico library, which is the Koreatown branch, and reached out and said, ‘Hey, we have time, we have friends that want to give their time to help these kids who might not have anyone to talk to.’ We started off with a photography class and now it's really just creating things that we want to do that are fun with our friends, but it all has to do with the neighborhood. There’s a lot going on, and there's a lot of new projects we're working on, but the number one thing is being consistent in everything while also having the right people to help and run it.

I want to go back to you mentioning how these ideas came together during the early days of the pandemic. For a lot of people they really reframed their views of their neighborhoods because everything felt threatened. Did that have an impact on you in a similar way?

You nailed it. Especially spending time alone during the pandemic. I had a hard time because I really like being around people. Being isolated made me a bit sad and depressed, but it made me realize I need to serve people. That was my mission when I realized that. You didn’t know when things were going to be OK again but planning ahead, getting together, and just starting small was key. All these ideas came from being isolated, for sure.

Having all this knowledge now and knowing how to network to make things happen, what can you bless others with who want really move on their ideas?

You have to have humility and due diligence to just start it. That's why everyone has the hardest time starting something that they want to do or see happen in their life. If I have an idea, if I can’t act on it in those first 10 seconds I won’t do it. With the houseless outreach… I wanted to do it but I wasn’t moving on it, so I got to a point where I thought, ‘Fuck it. Enough. I’m going to do that shit Monday.’ I said that to myself on a Friday, started it the following Monday and it’s been two and a half years. Just do it. Fuck it! It’s all word of mouth. It’s never going to be easy but I know I have this long-term play and no one’s gonna outlast me. It’s a work in progress and I lose my mind every fucking day and every week and I like to hang out and party, so it’s finding a balance. At the end of the day, I still have this thing in my head that I’m never doing enough then I talk to people and they say, ‘Dude, you’re spread too thin,’ but that motivates me—I always want to do more.

I like that. Businesses start in spreadsheets but ideas start with your friends and doing it.

It’s never going to be perfect. When we started the kids program it did amazing on social so I was thinking, ‘Fuck, there are gonna be a hundred kids there. How the hell are we going to handle that?’ Zero kids showed up. No lie, zero. Who fucking comes to the library? There were some kids there in a tutoring program and we scooped up those 15 kids and made it happen. [laughs]

What was it that drew you to Koreatown and what keeps you there?

Running through Koreatown is like a fucking jungle. Cracks and fucking uneven pavement—people doing their thing, maybe someone pulls a knife on you. It’s how unexpected things are that keeps me going when it comes to runs. It keeps you on your toes. When it comes to food, it's the best food neighborhood in LA, in my opinion. Korean barbecue is kind of the gateway into Korean food and that introduces the nightlife, the karaoke—the actual food we eat day to day. You start thinking about who the people are within the community through all of it. Through nonprofit organizations, there are a lot of things you can do—whatever your interests are, there’s something that can fit your life, and you can just reach out and lend a hand and build your own community that way as well. It's just really tapping into and finding out who you are as a person and how you can lend a hand within the neighborhood.

Continue reading

SUMMER 24 PREVIEW

SUMMER 24 PREVIEW

MADE IN SF EVENT RECAP

MADE IN SF EVENT RECAP

"MADE IN SF" ART SHOW

"MADE IN SF" ART SHOW

COMMON THREAD TESS CROCKETT

COMMON THREAD TESS CROCKETT